戻る                         戻る
★行  事
★白玲瓏短信
 ・運動会
 ・玲瓏祭
 ・クラス対抗
 ・強歩大会
 ・芸術鑑賞教室
 ・高校生自主企画支援事業

★委員会報告
 ・生徒会総務
 ・生活委員会
 ・体育委員会
 ・文化委員会
 ・保健委員会
 ・図書委員会
 ・選挙管理委員会

 平成14年度
     諸行事

【4月】
5日 始業式 離・退任式
    ◎退任 蛭田秀法 鈴木 豊 須田 忠
    ◎離任 大道政敏(校長)
        岡野文秀(教頭)
        伊藤広美 高橋正敏 工藤元博 舘岡曜子
        工藤 裕 佐藤昌彦 佐藤 寿 細井泰子
        五十嵐恒憲 茂木美恵子 佐藤充彦
        青木 潤 畠山佳子 田中知子 三浦常義
        佐藤江利子
        木内吉信 山本知恵子(事務)  (敬称略)
8日 新任式・入学式
    ◎新任 高橋一成(校長)
        高橋行二(教頭)
        相川 寛 木下芳博 後藤俊明 松村 晃
        辻 文彦 東海林智 亀谷 彰 金子 淳 
        佐藤寿子 伊藤藤子 高橋朗子 守屋 大
        丹亜希子 篠田里美 川井絵里香 小野智樹
        蛭田秀法
        吉田文雄 新泉美知子 佐々木正雄(事務) 
                        (敬称略)
9日 新入生歓迎会・部活動紹介
10日・11日 第一回校内実力テスト
23日〜26日 応援歌練習
25日 生徒総会
27日 PTA総会

【5月】
2日 運動会
10日〜12日 中央支部総体
17日 創立百周年記念招
   待試合(野球)
25日 創立百周年記念招
   待試合
   (バレーボール・
   剣道・テニス)
28日 創立記念日

【6月】
1日 衣替え
7日〜11日 全県高校総体
18日〜21日 前期中間考査

【7月】
6・7日 玲瓏祭
17日・18日 クラス対抗

【8月】
1日〜12日 全国高校総体
21日・22日 第二回校内実力テスト
27日〜29日 高校生自主企画支援事業(ボート教室)
30日 創立百周年記念植樹

【9月】
11日 大学の先生を囲む会
17日〜20日 前期末考査
28日 強歩大会

【10月】
1日 衣替え
3日 前期終業式
   生徒会役員選挙
4日 創立百周年記念(先輩諸氏による特別授業)
5日 創立百周年記念式典
7日 後期始業式
17日〜21日 修学旅行
25日 芸術鑑賞教室

【11月】
2日 下郷分校閉校式

【12月】
12日〜17日 後期中間考査

【1月】
14日・15日 第三回校内実力テスト
18日・19日 大学入試センター試験

【2月】
25日〜  国公立大学二次試験

【3月】
2日  卒業式
5日〜10日 後期末考査
20日  修了式

平成14年度 白玲瓏短信
 今年、本荘高校は創立百周年という大きな節目を迎えました。そのため例年より行事が多く、忙しい一年でした。また、それによりたくさんの人々と接する機会をもつことが出来た一年でもありました。
 運動会に始まり、玲瓏祭、クラス対抗、強歩大会など、数多くの行事がありましたが、みんなの思い入れが一番強かったのが玲瓏祭でした。毎日夜遅くまで黙々と作業を続け、頑張りました。開催中は時間が経つのが早く、あっという間の玲瓏祭でしたが、すごく充実していました!大勢の人が協力して創り上げた玲瓏祭は大成功で、良い思い出になりました。
 玲瓏祭終了後に行なったアンケートでは、たくさんの意見が集まり、今後の参考にしようと話し合いました。ですから、来年の玲瓏祭は今年以上に自信があります。次は、私たちの番です。`百年の歴史aに新たな一ページを加え、より多くの事に挑戦していきます。
 この一年間、三年生の先輩のみなさんには、たくさんのことを教わり、本当に感謝しています。初めは、緊張の連続でしたが、会話を交すとすごく優しく、楽しく過ごすことが出来ました。私たちも、そんな心の広い先輩になるように努力します。そして、この学校の先頭に立ちグイグイ引っぱって行きます。
 最後になりますが、私たちは今年度、生徒会のことを、もっとよく知ってもらおうと活動しましたが、及ばない部分もありました。来年度は、生徒会について少しでも多くの人に興味を持ってもらえるように頑張ります。
二A 熊谷 朋子

  運 動 会
二E 菅野 有希
 創立百周年を迎え、水林陸上競技場で行われた今年の運動会。太陽の眩しい好天のもと行われました。今年は各クラスとも例年以上に運動会に備え、朝早くから練習をする光景がよく見られました。
 クラスごとに様々な工夫とアイディアを凝らしたTシャツ。競技開始前の気合いの入った円陣や、勝利後の喜びの胴上げなど、クラスの団結力が大いに高まったといえる行事でした。
 また、縦割りリレーや応援合戦は学年をこえて一つにまとまり、特に応援合戦では、曲に合わせてオリジナルのダンスを笑顔で踊る様子が印象的でした。
 どのクラスも「優勝」という一つの目標に向かって頑張っていた今年の運動会は、年始めの行事にふさわしく大成功だったと思います。来年もみんなで盛り上げていきましょう
  平成十四年度大運動会 結果報告
☆総 合      ○縦割りリレー   ○応援賞
 優 勝 三年F組  第一位 E組    第一位 三年G組 
 準優勝 三年G組  第二位 H組    第二位 一年G組
 第三位 三年H組  第三位 A組    第三位 二年G組
○綱引き      ○二十人二十一脚
 第一位 三年H組  第一位 三年E組
 第二位 二年F組  第二位 二年E組
 第三位 一年B組  第三位 三年D組
○みんなでジャンプ ○クラス対抗リレー
 第一位 二年H組  第一位 三年F組
 第二位 三年G組  第二位 三年G組
 第三位 三年D組  第三位 三年H組
  〃  三年F組

  玲 瓏 祭
二E 船木 真悟
 創立百周年である今年度の玲瓏祭のテーマは、「きらきら〜新時代の挑戦者たち〜」でした。`七月七日、ちょうど七夕の日に開かれる玲瓏祭を連想させる、きらきらしたイメージと百年続いてきた伝統がこれからも輝き、それに続く私達が新たな輝きを生み出せるよう挑戦していこうaという、これからの本高生の進むべき道、取るべき姿勢を表しているテーマでした。
 今年の玲瓏祭もやはり、準備の段階からとても気合いの入ったものとなりました。生徒一人ひとりが仕事につき、新聞、似顔絵、仮装、クラスパネル、クラスデコなどそれぞれの分野で、より良いものを創り出そうと趣向をこらして頑張っていました。準備期間はそれほど長かったわけではないので、どのクラスも、ロングホームルームや放課後などの時間を活用して、かなりの努力をしたことと思われます。それでもやはり、準備に取り組んでいるときの顔はみんな生き生きとしていて、玲瓏祭に対する熱意と本高生の団結力の強さが窺えました。
 そして迎えた本番。一日目の仮装行列は、天気があまり良くなくて校内でのお披露目だけで終わるかと心配されましたが、何とか市内のパレードも行うことができました。どのクラスもとても凝った作りでしたが、やはり三年生の作品は圧巻でした。仮装とストーリー性の両方において、とても質の高い仕上がりで、一、二年生へのとても良いお手本になったことと思います。市民のみなさんにも、とても好評でした。
 二日目の玲瓏祭当日は、前日に引き続いて決して良い天気と言えるわけではありませんでしたが、それでも朝から全校中が「今日は玲瓏祭」というとても良い雰囲気に包まれていました。校内はきれいに装飾され、生徒会の本部が置かれた二年生のコモンスペースには、七夕を意識した大きな笹も飾られました。雨を心配して、外に展示されたプラカードにはビニールカバーがかけられたりもしましたが、特に混乱や障害も無く無事に始めることができました。お客様も沢山来て下さって、玄関のところに設置したアンケートでクラスデコなどの評価をして頂いたりもしました。そのクラスデコは、やはりこの日のために頑張ってきただけあって、とても盛況で良い評価を受けることができました。なかでも模擬店は並んで待たなくてはいけない程でした。また、今年は有志のバンドのステージ発表が一組もなかったのですが、それでも吹奏楽部の演奏や、長谷川生徒会長のウクレレ披露などは好評でした。生徒会としては、うちわが飛ぶように売れ、さらに「気球に乗って本荘市を見下ろす」という企画も、「天気は良くなかったけれど、とても良い眺めだった。」と、これも好評で、記念すべき創立百周年の玲瓏祭は、テーマの通りとても輝いた素晴らしいものであったと思います。
 来年、三年生としてさらにその伝統を引き継ぐ者としては、今年の玲瓏祭はとても参考になりました。玲瓏祭は、私達に本高の伝統の大切さ、そしてクラス、さらには全校が団結して一つのことに取り組む素晴らしさを教えてくれます。そのことを心に留めて、来年も今年の玲瓏祭に負けないものにしたいです。
◇    ◇    ◇
 玲瓏祭 テーマ  2C 佐藤 美穂さん
     ポスター 3A 加藤真理子さん
     うちわ  3A 田口 留衣さん
 「玲瓏祭」成績
・クラスデコ・
 一位 二年F組  二位 三年D組  三位 二年G組
・クラスパネル・
 一位 三年E組  二位 三年A組  三位 二年C組
・仮装・
 一位 三年A組  二位 三年G組  三位 三年B組
・プラカード・
 一位 三年A組  二位 三年E組  三位 三年D組
・新聞コンクール・
 一位 三年C組  二位 一年D組  三位 三年E組
                    〃  三年F組
・似顔絵(担任)・
 一位 三年H組  二位 一年D組  三位 該当なし
・似顔絵(自由)・
 一位 二年E組  二位 三年H組  三位 三年B組


  クラス対抗
一F  橋 辰弥
 今年のクラス対抗は、期間中雨が降り、一時休止したこともありました。選手として活躍した人、応援に徹した人、出たくなくても強制的に出されてしまった人、いろいろいると思いますが、クラスがひとつになって頑張ったのではないでしょうか。来年の新二、三年生には、是非優勝目指して頑張ってもらいたいものです。
〈クラス対抗結果〉
◎バスケットボール(男)   ◎バレーボール(男)
 一位 三年F組        一位 三年C組
 二位 三年G組        二位 三年G組
 三位 三年H組 一年G組   三位 三年B組 二年C組
◎バスケットボール(女)   ◎バレーボール(女)
 一位 三年E組        一位 二年C組
 二位 三年H組        二位 二年E組
 三位 三年C・D組 二年F組 三位 三年E組 二年G組
◎ソフトテニス(男)     ◎卓球(男)
 一位 三年C組        一位 三年D組
 二位 二年B組        二位 三年C組
 三位 三年B組 三年E組   三位 三年A組 一年B組
◎ソフトテニス(女)     ◎卓球(女)
 一位 一年E組        一位 一年D組
 二位 三年B組        二位 三年G組
 三位 三年A組 三年G組   三位 三年A組 二年H組
◎ミニサッカー        ◎ソフトボール
 一位 三年G組        一位 三年B組
 二位 三年C組        二位 三年A組
 三位 三年A組 一年E組   三位 三年H組 二年A組

  強歩大会
二年G組 小野 直人
 今年の強歩大会は、昨年とは違い雨の中実施されました。悪天候のため、男子は女子と同じコースを歩くことになりました。そんな状況の中みんなすごく頑張ったし、イイ思い出になったと思います。これも悪天候のなか、コースの途中で励ましてくれた先生方や保護者のみなさんのおかげだったと思います。強歩大会は、辛く厳しいものでしたが、ゴールした後のやり遂げたという達成感は、何物にも代えがたいものだったと思います。これからもこの強歩大会の大成功を期待したいと思います。
  強歩大会順位表
〔男子〕           〔女子〕
 1位 渡部 栄人(二H)   1位 三浦 沙記(一G)
 2位 板垣 健悦(二C)   2位  橋 清華(二B)
 3位 服部 健二(一G)   3位 渡部 寿恵(一B)
 4位 鈴木  誠(二H)   4位 佐々木美樹(一G)
 5位 小野  大(二D)   5位 佐藤  渚(二B)
 6位 渡會 俊晴(一A)   6位 本間 邦子(三E)
 7位 梶原 貴文(一G)   7位 細矢 歩美(二C)
 8位 佐藤 聡胤(一G)   8位 佐藤 綾香(二G)
 9位 佐藤 尚徳(三F)   9位 藤井絵理佳(二F)
 10位 大越雄一郎(二D)   10位 佐藤 侑那(一E)

  芸術鑑賞教室
一F 牧野 克則
 十月二十五日、本高体育館に「東京芸術座」のみなさんがやって来ました。公演したのは「十二人の怒れる男たち」です。十二人の陪審員が一人の少年の命を決めるという裁判の話でした。
 一人ひとりが自分達の演技に集中していて、そして楽しんでいるように見えました。これが壇上から「演技の調和」として私にも伝わってきました。人に気持ちを伝える、そしてそれを理解できる、ということは素晴らしいことだと思いました。

  高校生自主企画支援事業
一B 小松 美奈
 今年も県より、高校生自主企画支援事業のために五十万円が支給されました。去年は「桜坂」の環境美化としてプランター作りを行いましたが、今年は全校生徒によるボート教室を実施しました。
 例年、このボート教室は一年生対象の行事でしたが、今年は本荘高校が創立百周年を迎えたという記念すべき年なので、一年生から三年生の全校生徒が参加して行われました。端艇部が日頃練習の拠点としているアクアパルを会場に、顧問の先生をはじめ、部員のみなさんの協力のもと、ボート教室は楽しく・安全・スムーズに実施されました。
 クラスの中で四人グループを作り、その中で乗る配置を決めて当日に臨みました。一年生は、人によっては中学生の時に経験した人もいましたが、大半は初めての体験だったと思います。まず乗船前にボートへの乗り込み方、オールのこぎ方、注意点などの指導を受け、四人はコックスの指示に従い、ボートをこぎ出しました。一班約二十分間のボートの旅を、それぞれ存分に味わうことができました。幸いにも好天に恵まれ、今年もまたこの高校生自主企画支援事業は大成功に終えることができました。
 本校の端艇部は学校創立当初からある部です。長い歴史を持つこの校技を、創立百年目の節目の年に全校生徒で体験できて本当に素晴らしい企画だったと思います。
 また今回は、今年から姉妹校提携を結んだアメリカ・ミネソタ州のミネハハアカデミーの生徒のみなさんと、ボートを通じた交流が予定されていました。しかし残念ながら、雨のため中止となってしまいました。
 是非、今後この企画を実現させたいと思います。