本荘高校校歌

    藤原正 作詞

1.
登る朝日に照り栄えて
姿雄々しき鳥海山
千古の理想いや高く
みそらはるかに仰ぎつつ
右文尚武いそしみて
起て鶴城の健男子

2.
タ空晴れて新星の
光も清き子吉川
思想の泉いや遠く
深き流れに臨みつつ
右文尚武いそしみて
起て鶴城の健男子

3.
狂瀾怒涛も何かある
逆巻く風雪もものならず
若き血たぎる益良男の
無限の慨を示しつつ
右文尚武いそしみて
起て鶴城の健男子

4.
花咲き匂ふ春の野辺
雁鳴き渡る秋の空
高く護国の旗捧げ
君が八千代を謳ひつつ
右文尚武いそしみて
起て鶴城の健男子

 本高音頭
    作詞 今野 真
    作曲 尾留川正行

1.
ハア
おらが本高鶴舞が丘に
茂る木立の葉のみどり
花咲き匂う学びの窓に
声がこだます若い声
そら若い声
「本高よいとこサアノサ
よいとこ輪になって
ペンを片手にひとおどり
ヨ―イトナ」

2.
ハア
清き流れで産湯を使い
育ったわれらのこのかいな
オールもボールも思いのままに
本高健児の技のさえ
そら技のさえ
「くり返し」

3.
ハア
出羽の富士さえほほえみかける
本高乙女の知恵と意気
日住おろしでみがいたはだに
胸の記章がまた光る
そらまた光る
「くり返し」

4.
ハア
子吉平野にや健児の声が
親の代からひびいてる
玲瓏同気道それぞれに
若い血潮でまっしぐら
そらまっしぐら
「くり返し」


  応援歌

  必勝歌
いざ鶴舞の健児
いざ丈夫よ
起て起て本高
行け行け健児
がい冠かついで行け

  端艇部
1鉄腕鳴りて肉おどり
 戦前すでに敵をのむ
 熱血たぎりほとばしる
 我等が選手の意気を見よ
2赤き心の一徹は
 巌も通す桑の弓
 やがていただく栄冠に
 共に凱歌を叫ばなん

  野 球 部(健闘歌)
1年早やすでによおとして
 積り積りて成りたるか
 鶴舞城下は懐かしく
 我等が腕を試しなん
  いざいざ行けよいざ行きて
  あげて帰れよかちどきを

2白妙深き鳥海に
 狂いてわめく阿修羅王
 身は金色の球と散り
 クラブの影に血は躍る
  いざいざ行けよいざ行きて
  あげて帰れよかちどきを

3ひらめく校旗さんとして
 本高健児のほおを見よ
 尚武の教え永久に
 四百余州の覇とならん
  いざいざ行けよいざ行きて
  あげて帰れよかちどきを

  剣道部

1朝夕振う興安の
 剣はついに肉きざみ
 血を盛るかめは粘れ果て
 虚栄ふはくの水注ぎ
 惰民の巻を勇士行く
 世を混濁の闇となす
2闇を貫く鶴声の
 きらめく時は今いずこ
 鳥海の嵐吹き荒れて
 またも打ち出す陣太鼓
 史に記さんかな光栄の
 降魔の我等は独歩なり

 ◎きっと勝ちます
  勝たせます
  きっと勝ちます
  勝たせます
 (もう一度くり返す)

 柔 道 部
1嵐は叫び草は臥し
 我等が選手の行くところ
 スパルタ武士の刃は砕け
 アテネの城も守りなし
2紅燃ゆる血潮もて
 降魔の御旗を色どりて
 無人の境を進むが如く
 我等が選手の敵はなし

  競技部
1鶴舞が丘に正気あり
 青春の子が熱血の
 双手にかざす紅の
 護国旗の色を君見ずや

2暁告ぐる鐘の音に
 今日爽快の勝ち戦
 栄えの歴史を飾るべく
 戦わんかな友よいざ

  水泳部
1あゝ滄海の朝ぼらけ
 れい明の鐘高鳴れば
 栄えの古城に風なぎて
 子吉の浜に水清し
 鶴舞健児いざ立ちて
 清き誉れを高誦せん

2思えば過ぎし幾年の
 愛校の血の物語
 義憤の腕今も尚
 八州の覇は我にあり
 鳥海の山仰ぎては
 衝天の気を抱かずや

3緑は深し由利の淵
 逆巻く波と競いつゝ
 朝正義の我れに覚め
 夕べ至誠の星の影
 千里の風に声あげて
 歌え健児の海の歌

  戦勝歌
彼の群小をりようがして
血の大旆は勝ちにけり
我等が胸の喜びは
こゝにあふれて八重潮の
彼のそうめいに湧く如く
のどつんざきて轟くを

  篭球部
鶴舞城の春の宵
月影ふみて球をとり
日住おろしの冬の朝
吹雪をあびて球をとり
臥薪の苦闘研磨したる
本高健児の腕見ずや

  ボート小唄
1本高ボートマンは
 意地でもこぐよ
 水の流れも
 なんのそのダンチョネー
2船は出て行く
 由利橋の下を
 こげやこげこげ
 鉄腕鳴るダンチョネー
3江戸で関取る  
 本高のボートは
 おらが子吉の
 川育ちダンチョネー
4金波銀波の
 子吉の川も
 今じゃおいらの
 眠り床ダンチョネー

  庭球部
1鳥海の山に雲晴れて
 子吉川の水清く
 至誠の旗風打ちなびく
 こゝに立ちたる庭球団
2戦わんかな時至る
 日頃の手並を発揮せん
 大敵なりとも恐れずに
 小敵なりともあなどるな
3正義にこりたる鶴舞軍
 向う所に敵はなく
 登る朝日ともろ共に
 栄誉は長くつきざらん